ようこそまの歯科クリニックホームページへ

shika01shika02shika03shika04shika05




DENTAL GUIDE

歯周病や、虫歯、不慮の事故などで 歯を失ってしまった場合、 そのまま放っておいてもいいのでしょうか?
答えはNOです。
歯が失われてしまったまま放置していると 数々の弊害が出てきます。
隣り合う歯が傾いてきたり かみ合わせる歯が伸びてきたりすることで 歯並びが悪くなって隙間ができたり かみ合わせが狂ってしまいます。
きちんと噛むことは、全身の健康に つながります。
こちらでは、失ってしまった歯を どのように補うのかを ご紹介しています。
おいしくお食事がいただけますように いつも笑顔でいられますように

失った歯を補うためには? 3つの方法があります。

dental01

義歯は、患者さまのお口にあわせて 精巧に作られていますが、 なにぶん作り物ですし、もともとお口に なかった物を入れるわけですから 多少の痛みや、異物感は必ずあります。
どうすればより快適に過ごして いただけるか、従来の義歯のデメリットを 解消するため、日々研究がなされ、 あらゆる素材が開発されています。いい材料を使っているから、 絶対に長持ちするとは限りませんし、 はじめから快適な義歯だとは 限りません。 あなたのお口の中の状態を 的確に診断し、義歯を作製することが 一番大切です。

義歯案内LinkIcon

オールセラミックスは、 100%陶材です。 自然な色合いを再現でき、 天然歯のような透明感が出せ ますので、ご自身の歯と区別が つかないくらいの美しさです。 かぶせる歯の土台にも特殊な 素材を使用し、金属は一切 使いません。
当院では、専門的な機械を使って、 あなたの歯の色を分析し、 より自然で、美しいものを お作りできます。

審美案内LinkIcon

補綴治療は、症状に合わせてその治療方法はさまざまです。
患者さんのお口の中の状態を診て、最適な方法が選ばれます。

補綴ご案内LinkIcon

お口の状態、体質、症状により 適応状況等が異なります。 くわしくはスタッフまで お尋ねください。
まの歯科 院長 真野 佳樹

HOME > DentalGuide