ようこそまの歯科クリニックホームページへ

shika01shika02shika03shika04shika05




治療Q&A

Q:小さい虫歯ができた時には、どのような治療法がありますか?

穴が開いてしまう前の虫歯であれば、フッ素塗布や正しいブラッシング指導を行うことで再石灰化を促します。虫歯ができた=すぐに削って詰めるというわけではありません。子供さんの場合は、シーラント処置を行う場合もあります。自覚症状がなくても、穴が開いているケースではその部分だけを削り(ミニマルインターベンション)、白いつめものをします。(コンポジットレジン充填

Q.冷たいものや甘いものでしみたり、食事の時に痛みます。

虫歯の部分を削り、つめる治療をします。その虫歯の範囲によって白いつめもの(コンポジットレジン充填)か金属のつめもの(インレー)にするかを診断をします。虫歯の状態によっては、かぶせものを選択する場合もあります(クラウン)痛みの原因が虫歯でない場合は、知覚過敏やかみ合わせの異常が考えられますので、しかるべき処置をします。

Q.かむとひどく痛みます。何もしなくてもズキズキ痛むことがあります。

広範囲で虫歯が広がっている可能性があります。虫歯の部分を削って取り除きますが、神経近くまで広がっている場合は神経を抜かなければいけない場合もあります。(抜随・根管治療)神経処置をしたのち、歯に土台を作って(コア)、冠をかぶせます。(クラウン)神経を抜かずに済む場合は、なるべく神経を残す治療をしますが、後々痛みが出てくるケースもありますので慎重に経過を見る必要があります。

Q:以前神経を抜いて治療した歯に違和感がある。歯茎が腫れている。

一度虫歯治療をした歯は、治療していない歯よりも虫歯になるリスクが高くなります。
※根管治療をした歯でも、完全に虫歯菌を除去するのは難しく、残念ながら再発してしまうケースはたくさんあります。再度根管治療をする場合と、積極的な治療をせず、経過を見る場合があります。また、神経を抜いた歯は痛みを感じることがありませんので、自覚症状が出てきた際にはすでに手遅れ、ということも少なくありません。当院では簡単に諦めず、歯を残す努力をしますが、最終的には抜歯を免れないケースもあります。

Q.歯を抜いた後は、どのような治療法がありますか?

残念ながら歯を抜いてしまった場合、その部分に新しく人工の歯を補わなければなりません。そのままにしておくと、隣の歯が傾いてきたり、かみ合わせの歯が伸びてくることによってかみ合わせの異常を引き起こすことがあります。悪いかみ合わせは頭痛、肩こりなどの不定愁訴を引き起こしたり、他の歯への負担を大きくしてしまいます。当院では、欠損を補う方法としてブリッジ部分入れ歯インプラントをご提案しております。

Q.奥歯の銀歯(つめもの)を白くしたい

保険適用のコンポジットレジンは性質上、水分を含むことで収縮しやすく、強度もありません。着色しやすいのもデメリットです。コンポジットレジン治療ができるのは小さい虫歯や、かみ合わせに問題のない部位に限られます。奥歯のインレーの場合は適応外のケースがございます。保険適用外のレジンでの対応も可能ですが、破損の可能性や経年劣化は否めません。セラミックスインレーは、保険適用外のため自己負担は保険適用のものよりも高額です。

Q.奥歯の銀歯(かぶせ)を白くしたい

小臼歯のかぶせものの場合は、保険適用のCAD-CAM冠で白いかぶせに換えることができます。第一大臼歯へCAD-CAM冠の施術をするためには、一定の条件を満たす必要があり、オールセラミックスクラウンに比べると強度が劣るため、かみ合わせについての精査が必須です。また、従来の金属のかぶせよりも審美性はありますが、保険治療はあくまでも「機能の回復」を目的としています。より高い審美性をご希望の方にはセラミックスを使用した自由診療での治療をおすすめいたします。また、大きな土台が入っていたり、再治療に伴ってご自身の歯へのリスクがある場合は、積極的に施術しない方が良いケースもございます。ブリッジの場合は、欠損を補うための強度が必要ですので、金属以外をご希望の場合は、保険適用外のセラミックスを使用したブリッジにします。

Q.保険の入れ歯が合わない

保険適用の入れ歯は、材質上ある程度の厚みを必要とし、固定するために金属を使用するため、合わない、痛い、見た目が気になるといった方が多いのではないでしょうか。当院では、目立つ部分には細い金属を使用したり、目立ちにくい部位にバネを作るなどの設計を心がけておりますが、それでも気になるという方にはノンクラスプデンチャーをおすすめしております。保険適用外の材料を使用していますので、保険のものと比べて薄く、金属を使わないので審美性にも優れています。総入れ歯の場合は、歯茎にあたる部分を金属(チタンやゴールド等)にすることで、従来のものよりも薄く、より違和感を減らすことができます。また、金属は熱を通しますので、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、お食事を楽しんでいただくことができるのもメリットでしょう。硬い入れ歯によって歯茎に痛みを生じる場合は、シリコンを貼ることで不快な症状を緩和することもできます。

Q.歯を白くしたい、黄ばみが気になる

茶渋やヤニなど、ステインによる歯の汚れはPMTCできれいにし、ご自身の元の歯の色に戻すことができます。元の歯の色よりさらに歯を白くしたい方、黄ばみが気になる方に、ホワイトニングをおすすめしております。当院でのホワイトニングは、ご自宅で行っていただくホワイトニングを採用しております。オフィスホワイトニングに比べて即効性はありませんが、徐々に薬剤効果を発揮することで、透明感のある自然な仕上がりになります。

Q:歯ぎしりをするようなのですが、なにか対策はありますか?

歯ぎしりや食いしばりをしている時の噛む力は、ご自身の体重の2~5倍の力とされています。歯や顎の筋肉・骨への負荷は大きく、歯の摩耗や破折、揺れ、歯周病の進行を招きます。知覚過敏症状や顎関節症を引き起こすなどのお口周りの症状だけでなく、頭痛や肩こり、めまいなどの不定愁訴の原因とも言われています。日中の歯ぎしりや食いしばりは習慣となっていることがほとんどですので、まずはご自身で自覚をすることが大切です。歯ぎしりや食いしばりをしているな?と感じたら、すぐに歯を離すなど意識的に行動を変えるようにしましょう。夜間の歯ぎしりや食いしばりの場合は、上記のような行動ができませんので、ナイトガードの着用をおすすめいたします。ただし、ナイトガードはあくまでも歯ぎしり、食いしばりを緩和することで歯や顎への負担を軽減するための対症療法です。歯ぎしりや食いしばりは浅い眠りの時に起こると言われていますので、眠りを深くするためにも飲酒や喫煙などの生活習慣の見直し・改善を心がけ、ストレスを抱えないことが大切です。原因となるリスクを減らし、その上でナイトガードの着用をすれば、歯や顎、インプラントへの負担を防ぎ、歯周病の悪化や顎関節症の予防にも繋がります。状態のよくないかぶせが入っていたり、不正咬合も歯ぎしりの原因とされています。お口の中に問題がある場合は、歯科医師と相談の上治療を行うことが望ましいでしょう。

Q.インプラントの手術が怖いのですが・・・

インプラントは、ご自身の骨にチタン製の人工の根を埋め欠損を補う治療法です。チタンは骨と結合しますので、入れ歯のように取り外す必要がなくブリッジのように前後の歯の治療を必要としないというメリットがあります。当院ではインプラント手術は休診日に行います。入念な準備を行い、手術中は医院を貸し切りにしておりますので、患者様には安心して手術を受けていただけると思います。また、CT画像を元に3D治療のシュミレーションを事前に行いますので、より確実に、より安全に施術することができます。ただし、喫煙の有無や、生活習慣、骨の状態によってインプラント適応外の場合がございます。インプラントを行った場合は、予後のメンテナンスが非常に重要です。ご自身がしっかりとプラークコントロールできていることもインプラントを行うためには必須の条件です。インプラントは良い治療法ではありますが、欠損したからといってやみくもにおすすめすることはせず、確実に長きに渡って快適に過ごしていただける方だけに治療を行います。

Q.定期検診は必ず受けないといけませんか?

虫歯は早期に発見することができれば、簡単な処置で完了することができます。虫歯が進行すると大掛かりな処置が必要となり、一度神経の処置をした歯は残念ながら再発する可能性が高く、最後は抜歯をしないといけないケースがほとんどです。どんなに丁寧な治療を施しても、良い材質の治療をしてもご自身の歯に勝るものはありません。また、歯周病は自覚症状なく進行しますので、ご自身で症状が気になりだした時には、既にある程度進行しているといっても良いでしょう。定期的に検診を受けることでそのリスクを減らし、ご自分のお口の状態を把握していただくこと、虫歯や歯周病を悪化させないことが大切だと当院は考えています。ただし、定期検診に来ているから、と安心してしまうことはとても危険です。ご自身でもしっかりホームケアを行い、生活習慣(喫煙・甘いものをよく食べる、歯を磨かない等)を見直していただくことも大切です。虫歯のチェックや歯石取りなどクリーニングのためだけでなく、ご自分の歯や歯茎のことを大切にしていただくためにも定期検診をおすすめしております。検診期間などは、個人差がございますので、院長や衛生士とご相談ください。

※用語解説をご覧ください。

HOME > 治療Q&A

まの歯科きまぐれBLOG

時々、スタッフが≪まの歯科≫での出来事やお知らせ、そして雑談・・・いろんな事をBLOGに書いています。お越しください~

Pickup!

シーラントご存じですか?

子どもの歯を虫歯から守るために予防歯科のことをわかりやすく説明しています